日替彼女

気持ちの醒めない日常


スポンサードリンク

ハル 〜謎の女〜2

ハルは、次の日。パン屋の女性に案内してもらい剛の今住む家に案内してもらった。 剛の家に着くと、ハルだけ車から降りた。 パン屋の女性は、「車で待ってます」と伝えたからだ。 家を見るなりハルは、ビックリした。 東京で仕事をする剛には想像できないく…

ハル 〜謎の女〜

「やっと見つけた」ハルは呟く。 (やっぱり、地元に戻ってたんだ。) (よかった、生きててくれて) 「ここが、剛の住むところか〜。何もないところね〜。パン屋さんどこかしら…」 ハルは、あるパン屋さんを探すため地元のタクシーに乗り込み案内してもらう…

ゆう 〜パン屋さん〜4

ゆうは、コンビニエンスストアへ立ち寄った。 いつも買っている、ファッション雑誌と旅行雑誌を手に取り、温かいコーヒーを飲むためにレジにいる女性に注文した。 「あなたは剛さんの彼女ですか?」 ゆうはビックリした顔でカウンターの中にいる女性を見た。…

ゆう 〜パン屋さん〜3

次の日。 ゆうは、寝坊してしまった。 そして気づく。車を剛の家に置いてきたことを。 歩いて、20分。この距離を歩きながら昨日のことを思い出す。 剛の背中の香り。大きな背中。思った以上に太い腕。父親以外の男性にはじめておんぶしてもらったこと。 全…

ゆう 〜パン屋さん〜2

ゆうは、水曜日が待ち遠しかった。 新作のパンづくりも今まで以上に頑張った。 お酒に合うパンになるように研究もした。 ただ、剛が来た時褒めてもらいたいがために。 その日は、朝から暑い夏の日だった。 剛は、サイクルキャップを被り、サングラスをおでこ…

ゆう 〜パン屋さん〜1

ゆう、27歳。 小さい頃からパン屋をしたいと夢を抱き、小さいときから新しいパン屋さんがオープンしたという情報があれば、親を説得して連れて行ってもらった、ゆう。 ゆうは、高校生になったらすぐに近所のパン屋さんでバイトをさせてもらって今までずっと…

朱里 〜大学生〜3

朱里はバイトが終わり、剛の家のそばの道ばたにバイクを停め剛の家に灯りが着いていることを確認して近づいた。 朱里の思ったとおり誰かがいる。 そーっと近づいて剛の敷地に入り、窓のほうへ近づいた。 剛はデスクのある部屋にいるようだが、いつも朱里が座…